Summer Institute 2009 on "Particle Physics Phenomenology"

Aug. 13-20, 2009 Fujiyoshida, Japan

Japanese / English

Last update: Aug. 20, 2009

On Summer Institute 2009

「Summer Institute」は、1995年から毎年夏に行われ今回で15回目を数え、 昨年は台湾の渓頭(Chi-Tou)でで開催されました。 今年はまた富士山の麓に戻り Summer Insitute 2009 (particle physics phenomenology) を現象論を中心とするテーマに関して開催します。 Summer Instituteは,入門的な「夏の学校」ではなく、 実質的な研究交流の場を提供することを目的とし、 研究の輪を広げ共同研究の新しい芽を育て、 それらが今後の研究活動の出発点となる機会となるように期待しています。 例年は数人の招待講師を招いての講義を行っていましたが, 今回は共同研究のための場という性格をより強く出すために, 講義は行わずに参加者の発表をメインにします.

プログラム Updated on Aug. 14
HTML      PDF file

- 8/16(日)の夕方にBBQパーティを予定しています.
- 8/17(月)は全日を参加者の自由行動とします.
      (ただし,天候等によってこの日程が変更になる可能性もあります.)

また,ポスターセッションに代えて Web Session を開きます. 希望者は自分のプレゼン資料を登録し, SI ホームページにそれを掲示します. 掲示した内容について短い7分程度のプレゼンを口頭で行ってもらい, 詳細は Web に掲示した資料を見た上で, 興味を持った人は発表者にコンタクトして直接議論するという形式です.

参加者リスト

Photo on Aug.13

Photo on Aug.14

Photo on Aug.15

Photo on Aug.16

Photo on Aug.17

Photo on Aug.18

Photo on Aug.19

尚、Summer Institute 2009 (particle physics phenomenology)は 文部省科学研究費、基盤研究(B) 「素粒子の世代の起源と大統一理論」(代表:九後 太一)から援助を受けて開催されます

Date and Place

2009年8月13日(木)夕 ─ 8月20日(木)

人材開発センター 富士研修所(富士CALM)
〒403-0006
山梨県富士吉田市新屋1400
TEL : 0555-22-5156
FAX : 0555-23-7988

付近の地図

交通機関

参加申し込みは締め切りました

世話人

責任者: 栗本 猛(富山大学) 
   krmt@k2.sci.u-toyama.ac.jp 
   tel:076-445-6588, FAX:076-445-6549

オーガナイザー:

久保治輔(金沢大), 坂東昌子, 九後太一(京大基研),
谷本盛光(新潟大), Kiwoon Choi(KAIST), 栗本猛(富山大),
山口昌弘(東北大), 小林達夫(京大), 中野博章(新潟大),
浜口幸一(東大), 寺尾治彦(奈良女子大)

注意: 同じ場所で 8/3(月) - 13(木) の期間は SI2009 (formal theory, cosmology) が開催されます.
お間違えのないようにご注意下さい.